薬剤師の男女比は自然と女性が多くなってしまいます

男女雇用機会均等法が非常に厳しくなっている

薬剤師 男女比薬学部男女比と現場薬剤師男女比

最近では特にこの男女雇用機会均等法が非常に厳しくなっており、そのような内容が募集要項の中にあっただけで所轄の役所から指導を受けることになるようです。
そのため私の薬局でもこのような募集の仕方はしておらず、また面接の際にも男女の区別をしている意識はありませんが、実際には様々な面を考えると総合的に女性の方が向いていると言う印象を持つことが少なくありません。
患者に対する話し方であったり。
また説明の方法が男性の場合にはどうしても一方的になりがちな印象があり、患者によっては悪い印象を持ってしまうこともあるため注意をしています。
女性の場合には逆に男女とも好印象を持たれることが多いため、その結果私の薬局では女性の比率が非常に高い傾向にあります。
しかし今後は、この男女比を改めなければならないようになるかもしれません。
今後は雇用機会均等法がより厳しくなり、職場の男女比が厳格に管理される危険性もあるためです。
薬局の仕事も近年では非常に多様化しており、そのために従来に比べ激務となっているため、女性の仕事が非常に多いと職場の中からも声が上がっています。
そのため今後は男性を積極的に雇用したいとも考えており、その際に様々な指導や仕事の見直しも含めて、少し考えていかなければならないと言う意識を持っています。

薬剤師の求人・転職サイトを90サイト比較し、本当に使える転職サイトを紹介しています。
この方法で年収100万アップできます。

▶︎失敗しない薬剤師転職サイトの選び方
https://t.co/7D3tqXHWUp pic.twitter.com/TvJQMNrH6u

— 薬剤師転職相談 (@pharmacist_navi) 2019年11月8日

常に薬剤師の募集をしています : 雇用主の希望によって男性か女性かを選ぶ事はできません : 男女雇用機会均等法が非常に厳しくなっている