薬剤師の男女比は自然と女性が多くなってしまいます

雇用主の希望によって男性か女性かを選ぶ事はできません

常に薬剤師の募集をしています : 雇用主の希望によって男性か女性かを選ぶ事はできません : 男女雇用機会均等法が非常に厳しくなっている

男性の患者の場合には女性の話の方が柔らかく聞きやすいと言うのは容易に想像ができますが、女性にとっても薬剤師は女性の方が良いようです。
その理由は様々な女性ならではのデリケートな話もしやすいと言うものがあり、男性の場合にはどうしても言いにくいと言う面があると考えられます。
私のところは一般的な総合病院に隣接する薬局であるため、様々な症状に対しての処方を取り扱っているのですが、その中には女性特有の病気に対する薬を処方することもあり、その場合には意図的に女性の薬剤師を割り当てるようにしています。
全国的に薬剤師の男女比は従来は女性の方が多かったと認識していますが、最近ではそうではなく男性の薬剤師も1様に増えている傾向があります。
しかしその職場は主に女性は薬局が多く、男性は病院やドラッグストアなどに勤務することが多いものです。
病院やドラッグストアはその勤務内容が比較的過酷な場合が多く、特に病院は夜勤なども非常に多いため女性には敬遠されがちです。
ドラッグストアは勤務時間が長い上に様々な業務があるため、これも体力的に余裕がないとなかなかこなすことができるものではありません。
両方の職場との必ずしも男性ばかりではないのも実態ですが、比率的には男性の方が多いと言う話を聞いたことがあります。
日本の法律では、雇用主の希望によって男性か女性かを選ぶ事はできません。