薬剤師の男女比は自然と女性が多くなってしまいます

常に薬剤師の募集をしています

薬局を経営しており、常に薬剤師の募集をしていますが、その男女比は特に意図するわけでもないのにどうしても女性の方が多くなってしまう傾向があります。
男女比を特に意識する事はなく、募集の際にも特に男女の区別をしているわけでは無いのですが、自然と女性の方が多くなってしまうのです。
その理由を最近自分なりに分析したところ、面接で患者に対する話し方を想定しいろいろ話を聞くと、どうしても女性の方が患者にウケが良いと考えてしまうことがあるということに気づきました。
最近では薬剤師は単に薬を患者に処方するだけではなく、その飲み方などを十分に説明をしなければならないことになっています。
そのため実際に患者と話をする時間が長く、また十分に聞いてもらえるような話し方をしなければなりません。
この印象が女性の方がやはり受け入れられやすく、男性はどうしても警戒されてしまうと言う傾向があるようです。

常に薬剤師の募集をしています : 雇用主の希望によって男性か女性かを選ぶ事はできません : 男女雇用機会均等法が非常に厳しくなっている